ギャンブルには長く豊かな歴史があります。テクノロジーの発達により、ギャンブルが大きく進歩したという点は昔と違いますが。現在では人目を引くカジノなどのギャンブル場があります。ギャンブルは大きな関心と注目を集める社会現象であるため、ギャンブルをテーマにした映画は数多く製作されています。あらゆる時代や場所を舞台としたカジノ映画が世に出ています。もちろん、多くの場合はアトランティックシティ、モンテカルロ、ラスベガスなどが舞台です。

エキサイティングなシーンに加えて、興味深いポーカー・ハンドが登場します。当劇場のスタッフ全員、ギャンブルがテーマの映画を数多く観て来ました。そこで、スタッフ厳選のギャンブル映画11選をご紹介しましょう!

  • オーシャンズ11(2001)– カジノの金庫室を狙う、すご腕泥棒たちが大活躍する、アクション満載の映画

この映画には、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジュリア・ロバーツなどの大物俳優たちが出演しています。ギャンブルをしない映画ファンの間でも、史上最も人気が高いのは『オーシャンズ11』なのかもしれません。素晴らしい演技、アドレナリンを注入してくれるアクション、陽気なコメディシーンが一体となって、これまで製作された中で最高のギャンブル映画の1つとなっています。

  • ルール・オブ・デス/カジノの死角(1998)– ディーラーの人生を描いたエキサイティングなギャンブル映画

クライヴ・オーウェンは、この映画がきっかけとなり注目を集め、イギリスを代表する俳優となりました。この映画は、作家志望なのに生活のためディーラーとして働く、ジャックという主人公を描いています。主人公がギャンブルゲームでリードするとき、自分の考えと向き合う際の脳の動きと思考回路が学べます。

  • モリーズ・ゲーム(2017)– 実話に基づいた波乱万丈なギャンブル映画

ジェシカ・チャステイン演じるモリーは、男性の心を惹きながら商売する術を心得た、才色兼備の若い女性です。この映画は、スポーツの試合で怪我をしたモリーが主役です。怪我をすると直ぐに、モリーはギャンブルの世界に入ります。

  • アトランティックシティ(1980)– 昔ながらのギャンブル傑作映画の1つ

この映画は、年代記や歴史書に記録されています。ギャンブル合法化を手段として、何とかして都市を再生させる物語です。生まれ変わった新しい環境と見違えるほどの変貌を遂げた都市の中で、幸せをつかもうと努力する、アトランティックシティの普通の住民たちの生きざまが描かれています。

  • カジノ(1995)– カジノ映画史上最高の傑作

マーティン・スコセッシが監督・脚本を手掛けたこの映画は、世界最大のギャンブル都市ラスベガスの様子を忠実に描いた作品と言えるでしょう。主演はロバート・デ・ニーロとシャロン・ストーンです。

  • ラウンダーズ(1998)– 史上最高のポーカー映画

この映画はポーカーの世界を紹介してくれます。マット・デイモンが、ニューヨークの闇ポーカーの世界で活躍する若きすご腕勝負師、マイク・マクダーマットを演じています。

  • シンシナティ・キッド(1965)– 卓越したプレイヤーが台頭する様子を描いたギャンブル映画

この映画では、ポーカーを中心としたギャンブル一般がテーマで、昔の様子から現代の最新テクノロジーやオンラインカジノまで登場します。

  • ラスベガスをぶっつぶせ(2008)– MITブラックジャックチームがカジノに乗り込んだ実話を基にした映画

この映画は全ギャンブル愛好家の間で、伝説に残るほど有名になりました。というのは、ブラックジャックチームが成功を収め、興味深くワクワクしながらギャンブルの世界について学べるからです。

  • ザ・ギャンブラー/熱い賭け(2014)– ギャンブル映画史上最高傑作の1つ

マーク・ウォールバーグが主演し、ブラックジャックが趣味の文学教授を演じています。

  • Owning Mahowny(2003)– ギャンブル依存症により、人がどこまで追い詰めらるのかを描いたノンフィクション

ギャンブル依存症になると、どれだけ悲惨な目に遭うのかをありのままに伝えてくれる実話です。

  • ワイルド・ギャンブル(2015)– ポーカーをテーマにしたギャンブル映画の1つ

この映画は、アイオワからニューオーリンズへ旅をする、2人の若いポーカープレイヤーたちを描いたものです。